齋藤一徳が時代劇の素晴らしさ教えます!

齋藤一徳の感銘を受けた時代劇

齋藤一徳

 

時代劇を語る上で、絶対に外せない作品は「七人の侍」ではないでしょうか?

 

日本が誇る世界の黒澤明監督が村を守る侍の死闘を描いている。この映画は世界の巨匠にも多大な影響を与えた。

 

ジョージ・ルーカス、コッポラは黒澤映画のファンであることを明言している。

 

黒澤映画の特徴はその尋常ならざる演出へのこだわりです。圧巻のクライマックスの迫力はそのこだわりが十分に発揮されている。

 

苦労すれば良い映画がうまれるとは思いませんが、良い映画は得てして、多大なる苦労をしているのではないかと、感じてしまいます。

 

207分のこの超大作は、その長さを微塵も感じさせることなくあっという間に終わってしまいます。