齋藤一徳が時代劇の素晴らしさ教えます!

齋藤一徳が時代劇の魅力伝えます!


時代劇離れが甚だしい昨今ですが、私は時代劇が大好きです。

 

時代劇の多くは歴史的にも有名な話が多く、脚色や改変はありますが、昔のひとの生活とそのときの思いを知ることができ、なにかタイムスリップしたかのような気持ちになれます。

 

その先に自分が生きていると思うと、ワクワクしませんか?

 

そしてみなさんは時代劇の多くが「ちゃんばら」だとお思いではありませんか?

 

実は、そんなことはなく庶民の生活を映し出すものや恋愛に重きを置いたものもあります。

 

老若男女楽しめる。

 

それが、本来の時代劇のあり方だと私は思うのです。